曽谷山 法蓮寺

建治3(1277)年4月8日の創立。開山法蓮院日礼。小西法縁。曽谷城主二郎兵衛教信が宗祖により改宗、文永8年日礼と号し、建治元年自ら宗祖の御影を刻み、宗祖が開眼され「仏所護念法蓮作之」と署名した祖像を当山に安置、曽ては末寺数ヵ寺を有した中本寺である。7世日福は円行院開祖へ。14世日栄は充行院開祖へ。